建築家・横内敏人 講演会

IMG_9854[1]

昨日は、建築家・横内敏人の講演会に参加をしてきました。

「和」の作法

 

「和」ってなんだろう。

日本のことだろうか。

アジアの他の国と何が違うのだろう。

西洋化した生活、思想を持つ日本人に相応しい建築とはなんだろう。

 

横内さんの考えは、「和とは足し合わせた結果のこと」とのことでした。

異なる文化、素材、思想を足し合わせて、新しい建築をつくっていく。

 

色々な主張があっても、それが共存していくことが和の作法なのかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士