建築家・林祐子さんの伝統構法住宅 構造見学会

IMG_6477_R

今日は、游・空間デザイン室(建築家・林祐子さん)の伝統構法住宅の構造見学会に伺っていました。

 

IMG_6452_R

 

 

構造の模型がありました。さすが!

IMG_6477_R

 

土台はきちんと柱から出しています。コミセンは角のため、丸栓と違って複雑な仕口が必要になります。

IMG_6479_R

 

貫は背が高く、4段通されていました。

IMG_6472_R

 

2階にも土壁が。木舞はかなり狭く編まれていました。

IMG_6468_R

 

 

二階床梁と小屋梁とに立派な丸太梁が。この加工は楽しかったでしょうね。

全て、手加工による刻みです。

 

IMG_6474_R

 

 

 

この柱をどう磨いたのか。職人の苦労がしのばれます。

IMG_6461_R

 

 

 

垂木は全て地獄ほぞで締めたとのこと。

IMG_6454_R

 

垂木間の杉板天井。外部は腐食に強い赤身になっていました。

 

IMG_6467_R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士