家を住みこなす

26993654_10209413321683517_3427712484090477636_n

先日、午後から新築住宅の新規相談をお受けしていました。打合せをした後、ご近所の作品を二つほど見学いただきました。

藍住の施主さんが、設計時のシミュレーションと現実の光熱費(彼がエクセルで作成したデータ)の比較や、効率的に暖房をする方法、日射熱の季節ごとの取り入れ方などなど、設計させていただいた住宅をいかにつかいこなしているか、ご説明をいただきました。性能が高い住宅ほど、使いこなす側の能力も必要になります。

いつも思うのですが、住宅作品は、設計者のものではなく施主さんのものです。こんなに、愛される住宅になってよかったと、ありがたく思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士