ハレとケデザイン舎「出合小学校ワークショップスペース」のウッドタイル貼り

IMG_6974_R

昨日は、池田のハレとケデザイン舎にて、出合小学校ワークショップスペースのウッドタイル貼りの講師をさせて頂きました。

 

教室のPタイルを剥して、木の枠をつくってもらいました。

外周の枠は、C材といって、もともと曲がっている材をつかっています。

IMG_6954_R

 

 

これが、ウッドタイルです。

杉の天然乾燥材です。

2~3日で乾かしてしまう人工乾燥だと、色や香りがとんでしまいます。

この木は10か月以上ゆっくりと乾かしているので、割れも自然に入っているし、香りや艶が違います。

今回のワークショップは、省エネの暮らしをテーマにしていて、化石燃料を使わない天然乾燥材はテーマとピッタリ!

IMG_6956_R

 

 

タイル貼り、スタートです。三好西部森林組合さんにご協力を頂いております。

IMG_6957_R

 

 

コンクリートボンドを塗って、タイルを留めていきます。

IMG_6961_R

 

 

IMG_6968_R

 

 

IMG_6971_R

 

 

ほとんど、完成しました!

IMG_6972_R

 

 

 

完成写真です!

お手伝い頂いたみなさん、本当にありがとうございました。

IMG_6989_R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士