阿波高校生の訪問

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日は、母校の阿波高校の方から、大学受験を控えた高校3年生が4人、訪ねてきました。

高知工科大学と前橋工科大学の建築学科を受験(推薦入試)したいとのことで、アドバイスを求められました。

先生が二名も引率されてきて、ものすごく時代が変わっていることを実感しました。

僕の時に、進学指導でそんなことなかったぞ!先生がここまで親身になってくれて地元の建築家のところに

連れていってくれてって、すごいうらやましい時代に入っています。

 

大学と高校の関係が変わってきたと思うのは、私が大学院にいた6,7年前からです。

大学が、教授に対して千葉県内の高校の担当を割り当てて、高校生の受験を呼びかけんに行くことになりました。

そんなこと、教授がするのか!と驚きましたが、帰ってきて一言。他の大学の先生が待合で待っていた。

というのだから。。。

 

高校の方も、学生が希望する大学に入れるために、先生は大学の教授の専門分野を調べたり、

今回のように地元の建築家の所に来て話を聞いたりと、推薦でちょっとでも学生が好印象を持たれるようにと、

努力をされていることが伝わってきました。

 

私からは、出来る限り学生のしたいことを伸ばすように、推薦する図書をお貸ししたり、建築学生の4年間と

大学院での生活について一般的な事例を紹介したりしました。また、建築の分野は、意匠(計画・設計)、構造、設備、施工に

大きく分かれ、この他に、法規や環境、人間工学などなど、他の学問領域との複合による研究も多くあることも

お伝えしました。最後に、建築士をとれば、人生どうにかなるというか、会社を辞めて独立してやっていくこともできること、

社会の大きな流れに抗って生きるという選択肢もでき、自由を選ぶことができることも説明しました。

そのためには、学部で終わらず、ぜひ大学院まで進学をして、一度、修士論文をじっくりと書いてみるとよいと

アドバイスしました。何が真実を見極めるために、小さな一つのことについて研究をしつくすというのは、人生を平穏に生きていく

ために一番の力となります。

 

写真は、大学2年生の時に、仲間と出したコンペ案。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士