戸田家住宅が重要文化財に!

toda01

上板町にある旧藍屋敷・戸田家住宅がついに重要文化財になります!

徳島新聞だけでなく、全国ニュースでも流れました。

文化審議会が答申をし、この後、文部科学大臣が指定をする手続きに進みます。

 

徳島県近代和風建築総合調査時代に所長が他のメンバーの方々と一緒に調査をさせて頂きました。

この時に、奈良文化財研究所のご指導を受けたとのことです。

その後、この春に重要文化財になりそうだとの連絡を受け、それから文化庁、徳島県文化財課の指導を頂きながら、

調査をお手伝いさせて頂いてきました。

 

ようやくここまで来たという感慨深いものがありました。

同時に、建築様式をまもりながら、生活を続けてこられたご家族の皆様が、この建築を護り、

重要文化財にまで指定を受けることになったのだと、深く感謝の念がこみあげてきました。

というのも、藍の里と呼ばれる上板町でありながら、これまで藍関連の文化財建造物がありませんでした。

上板が次世代に残す宝がまた一つ増えました。

 

toda01

 

 

toda02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士