吉野川と共にあった生活を考える

IMG_3318_R

私が所属している徳島県文化財マイスター連絡協議会では、今年、徳島県より委託をうけ、毎年開催されている阿波文化遺産探検隊のサポートをしています。

毎年すごい人気で、20組程度の親子が参加できるバスツアーに、400名位の応募があります。

 

今年は、吉野川と共にあった生活を考えるということで、水門や橋、藍屋敷などなどを巡り、マイスターのメンバーによる面白い解説があります。

 

先日、各地の下見にいってきました。

 

今切川河口の樋門

IMG_3284_R IMG_3285_R IMG_3289_R IMG_3286_R

 

 

こんな樋門も。

IMG_3293_R

 

 

これは、吉野川大橋を北岸に渡って、左折した樋門の北側にあります。

2

 

普段、全く気にせずに、走りすぎていました。

 

大正3年にかかったJRの鉄橋。現在も現役です。

IMG_3295_R IMG_3296_R

 

そして、吉野川と旧吉野川の境にある第十樋門

IMG_3298_R IMG_3307_R IMG_3299_R

 

石井町にある高地蔵。地蔵さんの座っている位置まで水がきたよということを

伝えているんだそう。

IMG_3318_R

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士