本当に林業とつながる木の家をつくるには

スクリーンショット(2014-04-09 18.55.53)

 

 

無垢材や間伐材という言葉が世の中に反乱をしていますが、

本当の意味で林業、ひいては日本の山、究極は子ども達の未来を助けることにはつながりません。

 

家を建てる時に、天然乾燥材や伝統構法まで、考えをすすめることが出来れば、

一歩でも近づくことができます。

本質を求める方にぜひ読んでもらいたい素晴らしい記事がありましたので、ご紹介をさせて頂きます。

ぜひ、下記バナーから、リンク先にアクセスをして頂きたいです。

 

スクリーンショット(2014-04-09 18.55.53)

 

 

僕は表面だけ美しい建築は全くつくるつもりはない。

次世代に生命を受け継いでいける建築をつくりたい。

のだと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士