学校を核とした地域の教育力強化委員

今年も学校を核とした地域の教育力強化委員に任命を受け、本日一回目の会合でした。

放課後子ども教室という、週に数回や夏休みなどに、希望する児童を対象に、スポーツや学習、外国語などを教えてくれる専門家をお呼びするための補助金で、これを県下の全小学校にいかにつかってもらうかという会議です。

 

キャプチャ

 

二年目にして色々とわかってきたのですが、もう19年もやっていて、子どもへの学習効果もありそう。ただ、学童が先にできたため、その違いが一般に理解されていない。市町村教委が主体になるため、学校現場や保護者と連携がうまくいっていない。別所管の学童保育とも連携していく必要がある。というところでしょうか。

これを上手に使えば、学校が変わる、子どもたちも変わる、地域も変わる、すごい可能性があると思います。しかし、行政用語ばかりで、プレゼン資料も大変に分かりにくい。。。この世界では有名な鳴門市の事例などの成果や、設立から運営までの課題と対処方法などを、ぜひまとめてもらってアピールをしてもらえたら、ぜひやりたいという保護者がでてくるんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士