屋根断熱のすごさ

IMG_2259

太陽熱を一番多く受ける面は?

 

南面や西面と思いがちですが、屋根面です。

 

僕は、コストに合せて、外貼断熱(一般に外断熱)と充填断熱(一般に内断熱)を使い分けています。

やはり、外貼断熱の方が高いが効果は高い。

そのため、コストが厳しくても、屋根だけは外貼断熱とし、壁は充填断熱とする場合があります。

今回は、屋根、壁どちらも外貼断熱です。

 

IMG_2169

 

屋根の下組が出来たら、まずは、野地板を敷いていきます。

 

IMG_2106

 

次に断熱材を敷き並べます。

断熱材は、アキレスのQ1ボードです。厚さは30ミリ。

色々な断熱材を使ってきましたが、ここの製品が一番だと思います。

両面にアルミが融着しているので、きちんと熱を反射してくれます。

他のメーカーのものは、アルミ片面融着しかなく、一方がクラフト紙のため、

熱の反射が十分ではありません。

 

IMG_2123

 

断熱材の上に、通気垂木を敷きます。

この垂木と垂木との間を空気が昇って行きます。

 

IMG_2127

 

通気垂木の上に野地板を敷きます。この上にアスファルトルーフィングを敷いて、屋根を葺きます。

IMG_2147

通気垂木の部分を棟側からみてみました。

軒先まで通気部分が通っていることが分かります。

 

IMG_2156

 

今日、棟の部分の空気が抜ける部分をさわってびっくりしました。

エアコンの暖房程度の温風が噴出しています。

冬なのに。

 

IMG_2259

屋根面に近いところでは、蜃気楼もできています。

つまり、断熱材がきちんと熱を反射しているということです。

 

IMG_2253

 

軒先には、このような大きな開口を設けて、空気が入りやすいようにしています。

ケラバ等の壁にも同様に大きな穴をあけて、空気がどんどん通るようにしています。

IMG_2168

 

 

蜂などが入らないように、ステンレスの金網を裏側から留めています。

IMG_2165

 

断熱と通気はセットですが、通気の部分は設計者が大工さんとのコミュニケーションをきちんととっていないと、

ついうっかり忘れてしまう部分が多くあります。なので、この時期は毎日のように現場に足を運んでいるのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士