LIXPO2014に参加してきました。

IMG_2280

今日は、LIXPO2014に参加してきました。

リクシルとは、トステム・INAX・新日軽・サンウエーブ・TOEXが集まってできた会社です。

トイレとか、キッチンとか、建具とか、外構とかの、業界2位が集まって生き残りを架けたという理解でよいかと思います。

 

もともと、INAXのタイルや、トステムのサッシはレベルが高く、今回の展示でも新しい開発が非常に志高く良かった。

IMG_2293

 

IMG_2295

 

例えば、既存サッシにつけることができる、外部のシェード。

そりゃ、すだれを掛ければいいことだけど、外観を崩したくないって人もいます。

これは結構いい商品だと思いました。

 

IMG_2311

 

他にも、既存店舗用のサッシを自動ドアに替えることも。

これも需要ありそうな感じです。

 

 

IMG_2314

 

ビル用サッシも樹脂系のものがでていました。

 

IMG_2309

 

これは、土嚢の代わりになる防災サッシ。他にも方法はあるでしょうが、一つの案として提案できそうです。

 

IMG_2307

 

玄関ドアの断熱材は、K2仕様を超える高性能の商品も展示がありました。

 

 

反対に耐震改修関係の商品は、あまりに志がない。

ハウスメーカーや工務店が、お客さんに売りやすいように、見栄えだけよい商品ばかりです。

 

IMG_2300

 

これは外壁が耐力壁になるという商品。コンセプトは良いのだけど、通気胴縁が合板を切ったものでないと

通らない。たしかに、ハウスメーカーではそれが主流になっていますが、心ある設計者であれば、

湿気が通る通気部分に、湿気に弱い合板を素材としたものを使うことは絶対にできない。

 

 IMG_2287 

 

その他にも、断熱材と耐力壁が一体となった商品。コンセプトはいいと思うけども、MDFを外周部に

設けると、将来湿気でズタボロになってしまう。そういう建築をやっている人間ならだれもが知っていることを、

分かっていて、平気でこういう商品をつくってしまう。もちろん、それがコストが下がるからだけど、

それは違うと思う。

 

怖いのは、 メーカー担当者に話を聞いてる流通業者や工務店が、賞賛の声を上げているということ。

日本中でロクでもない建築が今、建っている。その一端が見えた気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士