あすたむらんど科学館の天井リニューアル

dns-20_R

GWも後半が始まりましたね。あすたむらんどに行かれる予定のある方は、ぜひ科学館にも足を運ばれてみてください!

ホールの天井リニューアルの設計をさせて頂きました。

dns-8_R dns-2_R

 

ドキドキした子どもたちの気持ちを迎えられるホールでありたい、という学芸員さんの希望に応えるため、

その意匠を円形の膜天井という世界初の技術で表現をしました。

dns-10_R dns-3_R dns-20_R

 

膜天井のデザインは、ホールのメイン展示でありながらどこか脇役になっていたフーコーの振り子をより印象付けるために、

振り子の動きが描くバラ曲線をイメージモチーフとするとともに、12本の柱を時計に見立て、膜(天空)を貫かせることで「時空」、

すなわち科学の歴史を表現しようとしています。… 私なりに、この科学館が子どもたちを迎えるためにはどのような意匠であるべきか考えた結果です。

dns-22_R dns-24_R

 

GW期間中は間に合いませんが、今後、この膜天井全体に、宇宙やジャングル、海の中等、

催しにあわせて様々なプロジェクションマッピングを映し出させる装置も設置していますので、

毎回子どもたちがあっと驚く展示ができるようになると思います。

dns-30_R

 

ぜひ、末永く、愛される空間となればと祈っています。

dns-33_R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士