現場の職人さんたちに設計意図を正確に伝える

13051491_10205224665369727_3005020054769777899_n

 

 

現場で実際に家をつくっていくのは、設計者ではなく、現場監督でもなく、もちろん職人さんたちです。それぞれに役割があり、三者のうちの誰一人かけても

良い住宅をつくることができません。一番大切なのはチームワークです。新築住宅であれば長くて半年、しかも毎日顔を合わせるわけではない。

 

そこで、設計者の意図を正確に伝えるために、工事が始まる前に、必ず、施工会議を開くようにしています。

13051491_10205224665369727_3005020054769777899_n

 

今回は、現場監督さん、大工さん、屋根屋さん、板金屋さん、サッシ屋さん、断熱屋さん、材木店、プレカットさんを集めて、新築住宅の施工会議でした。

設計のコンセプトから納まりまで説明をし、各職人さんの意見を取り入れながらディテールを詰めていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士