気密測定を行いました

14192599_10206025466989267_1648865067892281079_n

今日は気密測定でした。

 

14192599_10206025466989267_1648865067892281079_n

 

断熱性能の高い住宅が徳島でも流行っています。断熱性能をさすUA値をとって、いわゆるUA値競争ですが、

同時に気密性能を示すC値をとったC値競争も行われています。

 

C値の数値が小さいほど、住宅に隙間がなく、室温の安定につながります。

C値は、1平方メートル当たり、何平方センチメートルの開口が空いているかを示します。

C値が0.05cm2/m2だと、1平方メートル当たり0.05平方センチメートルの穴が開いているということです。

つまり、外壁、屋根、基礎を合わせて400m2位とすると、

400*0.05=20

つまり家全体で20平方センチメートルの穴が開いているということです。

 

4cmかける5cmくらいの大きさの穴。ものすごく小さいですね。

穴を小さくするために、天井や床、壁にこのように防湿フィルムを施工をしています。

14203194_10206025467269274_4873410094446603281_n

 

この施工方法も設計者の技の見せ所。また職人さんの気持ちと根気も大切です。

14238341_10206025467589282_4915509286255139660_n

 

ただ極端に低いと、キッチンの換気扇を回すとトイレが流れなくなったり、ドアがあかなくなったりします。

私は第3種換気なら0.04から0.06、第二種なら0.05以下なら合格としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士