柱状改良の試験の立会を行いました

IMG_2725_R

 

 

久々の更新になってしまいました。

今日は、柱状改良を行う現場の試験に、立会いをしていました。

 

地盤の深さ4m位まで自沈層がところどころにある土地です。

自沈層とは、簡単に説明すると、建物が乗るだけで、自分の重量で沈む恐れがある土地です。(現実はなかなかそんなことはありません)

 

地震の時は、不動沈下等が起こりやすいため、変な説明となりますが、平等に沈むように地盤改良を行います。

平等に沈んでくれれば、床が傾くなど、使用上の問題が起こらなくなります。

今回は、柱状改良といって、地面から4mほど深さまで、セメンントを撹拌しながら、土地を固くするという工法を採用しました。

 

IMG_2728_R

 

直径60cmの羽根で、撹拌をします。

先端等からセメントが噴出し、土と混ざっていきます。

IMG_2730_R

 

混ざっている様子は、地面の中なので分かりません。(汗)

モニターなどで回転数を確認し、また音や振動などでも混ざり具合を判断していきます。

混ざる成功率が学術的に明らかになっている、「認定工法」を採用しています。

 

IMG_2744_R

 

これは、一本目の地盤改良を行った後に、試験用に部分的にコアを採取したものです。

これを、1日、7日、28日後に破壊試験を行って、土ときれいにコンクリートが混ざって、

設計通りの耐力がでているかどうかを確認します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士