天然乾燥材でつくった学童保育 梁掛けと小屋仕舞い

IMG_2048_R

土台敷き に続いて 柱建て の様子をご紹介させて頂きました。

最後に、梁掛けと小屋仕舞いの様子をアップします。

 

梁はまず、外周部の胴差という梁から架けていきます。

長ほぞといって、柱からほぞが飛び出しています。これが通常より長くしているので、

後でコミセンでトメることができるようになっています。

IMG_2026_R

 

 

梁には、オスとメスがあって、まずはメスを敷いて、その上からオスを入れていきます。

IMG_2034_R IMG_2039_R

 

外周がかかると、中引き等を架けていきます。

中引きは、大黒に差しこみ、丸太柱で受けるというダイナミックな設計をしました。

中引きは30cmの板で、6m材と4m材とをつなぎます。

継手は追っかけコミセン継ぎとしました。この継手を一番、子どもたちが見えるところに持ってきました。

釘を使わずに、木と木を接合する、伝統的な技術を、生活に一番身近なところで知っておいてもらいたいという気持ちからです。

 

 

 

IMG_2048_R IMG_2058_R IMG_2049_R

 

大黒と大黒との間がつながりました。

IMG_2066_R

 

次に、床梁を架けていきます。

IMG_2071_R IMG_2089_R

 

 

そして、270の登り梁も9本架かりました。

IMG_2169_R

 

この登り梁は、材木屋さんが、自分の山から曳いてくれた、本当に特別な材料。

天然乾燥材の美しさがいかんなく発揮されています。

 

IMG_2095

 

 

 

室内から見上げれば、美しい梁が現れてきます。

 

IMG_2077_R

 

それを受ける大黒と丸太梁。

IMG_2094_R

 

IMG_2079_R

 

室内だけでなく、縁側も見上げると登り梁がみえるように設計しています。

IMG_2097

 

 

今後も、進捗をアップしていきますので、こうご期待下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士