柱を欠いて床を納める

IMG_2808

和室などで柱が大きく、畳の納まりが上手くいかない場合に、柱の方を少し欠きます。

これは丸太を1寸ほど欠いたものです。

IMG_2807

 

 

丸い畳は作れないので、柱を欠いて直線を出してあげます。

ちなみに、柱の足元に差さっている材は土台で、その4cm上が畳の仕上がりになります。

畳を柱の中に納めておくことで、隅が空(す)くことなく、綺麗に仕上がります。

こういうところに技がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士