伏せ図検討中

33

今日は、軸組の設計を行っていました。

梁をどのように架けるか。

同じ間取りでも、梁の架け方は100人いれば100通りの解があります。

 

33

 

 

今回は、施主の希望で、人工乾燥で現代構法で設計をすすめています。

それでも、出来る限り長い梁を用いるために、渡り顎等の伝統構法を一部取り入れています。

22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

徳島県上板町にて、コミュニティ建築家としてがんばっています。 会社:プリズム建築設計室 資格:一級建築士、博士(工学)、土地区画整理士